FC2ブログ

2019-01

マツダの3列シートSUVは斜め上を行く

マツダから噂の3列シートSUVの発表があったのだが、事前に予想されていたCX-6ではなくCX-8だった!
全長は驚きの490cmで、CX-5の455cmを35cmも上回る。
20cmくらいのストレッチかなあと思っていただけに、これは正直予想外だった。
全長490cmだと、CX-9の507cmの方にむしろ近い。
ただ、全幅はCX-5の184cmなままなので、197cmなCX-9には到底及ばず日本市場を考慮されている。


エンジンは2.2リッターディーゼルだけで、価格は300万円台前半からだという。
CX-5のディーゼルが292万円からなので、大型化して3列シートとなるとかなり価格アップしそう。
車格もCX-8でCX-6より上になり、300万円台の半ばではなく前半からといえどもギリギリの330万円くらいからだろうか。
大型化と3列高級化でそれぞれ20万円ずつだと考えればいい感じか。




仮に330万円からだとすると、ライバルはアルファードやエスティマ、オデッセイとかになりそうだ。
4.7mほどで200万円台なステップワゴンやセレナなどのミニバンより格上になる。
激戦区な上にコストパフォーマンス重視なゾーンを避けて、独自性で勝負できる土俵を選んだというべきかもしれない。


ただ、MPVユーザーにとってはその価格でも大丈夫そうなのだが、プレマシー難民が出そうではある。
ここは2.5リッターガソリンエンジンの早期投入が期待されるところだろうか。
そうすればなんとか300万円になって、プレマシーユーザーにも手が届くような届かないような。


しかし、CX-3を見ているとガソリンモデルの早期投入はあまり期待できないかもしれない。
ブランニューモデルが高級イメージを築きあげるために必要な期間を考えると、追加されるのは早くて2年後のマイナーチェンジになりそうな気がする。
そうなると、当面はエクストレイルやアウトランダーの3列シート仕様の方が現実的な選択肢になりそうだ。




マツダは値引きに頼った販売をやめ、価格も順次高くしていくなど、上級ブランドになろうとしている。
その反動からか販売台数の減少にここ最近は苦しんでいるようなのだが、今回のCX-8もCX-6じゃなかったあたり、販売台数より高級化を狙ったもののように感じる。
それでもある程度は売れてくれなければ困るわけなのだが、クロカンで3列ならプラドやパジェロがあるものの、それらとは一線を画した都会的な上級3列シートSUVとして、高評価なクリーンディーゼルを武器にかつてのハリアーのような衝撃的ヒットを飛ばすことができるか否か。


そしてプレマシーやビアンテのユーザーが力尽きる前に、ガソリンモデルは果たして投入されるのか。
CX-8によるファミリー層の取り込み如何に、停滞気味なマツダの経営安定化がかかっているのかもしれない。



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iikagenna.blog92.fc2.com/tb.php/372-c6dada99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ペルガー

管理人:ペルガー
メール
リンクフリー

FC2カウンター

カテゴリ

EV・FCV・PHV (38)
HCCI (7)
水素ロータリー (4)
車全般 (108)
トヨタ (37)
ホンダ (60)
マツダ (53)
スバル (30)
スズキ (48)
ダイハツ (12)
三菱 (8)
日産 (17)
ミリタリー (5)
その他 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ