FC2ブログ

2019-01

シビックのお買い得モデル

シビックが復活したものの当初は国内販売する気がなく、セダンを国内工場で生産して輸出する関係からついでに日本でも発売されることになった。
ハッチバックの方はイギリス工場で生産するため輸入になる。


そのせいか、どうも売る気に欠ける気がする。
シビックといえば本来主力になるはずのハッチバックはイギリス製でハイオクなままだし、価格はセダン265万円、ハッチバック280万円と結構お高い。
ハッチバックと同等装備でライバルになるアクセラの1.5リッターディーゼルが269万円、インプレッサの2リッター自然吸気(FF)は238万円でシビックより安い。
おまけにシビックはグレード構成が最上位の1つだけで、アクセラやインプレッサにあるような安価なグレードはないため、価格勝負ではそれ以上に不利になる。


量販グレードがなく価格が高めで、フィットやオデッセイにあるようなハイブリッドもないため、それでもシビックをわざわざ選ぶ人というのはホンダ党に限られるのかもしれない。
話題のタイプRもかつては200万円ほどだったのが今では450万円と、普通の人にはなかなか手が出ない。


そんな中で救いになるのは、ハッチバックに設定された6速マニュアルの存在。
これはなかなか貴重なモデルになる。


スバルはマニュアル車とは距離を置いており、インプレッサはおろかレヴォーグにもマニュアルは存在しない。
アクセラはスポーツグレードだとマニュアルは309万円からの2.2リッターディーゼルになるため、シビックはこのクラスでは珍しい手頃なマニュアル車と言えそうだ。
6速マニュアルならハイオク仕様でパワーが高いのも逆にプラスになる。
それでいて燃費はレギュラー仕様で重量が同じなセダンから1.2km・6.5%ダウンの17.4kmに留まるため、それほど燃料代は悪化しない。
おまけにアクセラと同じくマニュアルでも自動ブレーキが付いてくる。
マニュアル比率の高いヨーロッパ市場でも売るから装備できたのだろうか。




シビックは価格ではインプレッサの238万円に大差を付けられ、燃料代では軽油なアクセラ・ディーゼルの21.6kmに対して18km台に留まり、ハッチバックに至ってはハイオクなのでこれまた勝てない。
そんなシビックの一番のお買い得グレードはやはり6速マニュアルではなかろうか。
マニュアルは営業サイドではなく開発サイドからの熱い要望で追加されたとも聞くのだが、それが一番シビックらしくて売りやすそうだというのは何とも奇妙な話に感じられる。


惜しむらくは、ハッチバックもCVTの方はレギュラー仕様にパワーダウンしてホイールも18インチからセダンと同じ16インチに抑え、価格も同じ265万円にして欲しかった。
そしてハッチバックの6速マニュアルは280万円なままタイプユーロとでも銘打ってサスペンションなどをノーマルと差別化すれば、特別感が増すし割高感も薄れる。
その構成なら今より量販が稼げる上に、マニュアルもスポーティーなイメージがより強くなる。
高価すぎて買えないタイプRに憧れるユーザーもその方が納得して買いやすい。


そうならなかったのはやはり冒頭で書いたように、ついでで日本発売が決まって開発コストをあまり掛けられなかったからだろうか。
ハッチバックはイギリスからの輸入なため、仕様変更でコストを掛けてまで低価格にしても、輸送費と為替リスクにさらされるのでセダンより売れたら困るという状況にもなりかねない。




かつてはホンダの国内市場の量販をになったシビックも、今では吹けば飛ぶ存在になってしまった。
もし復活の目があるとすれば本格ハイブリッドでプリウスに再戦を挑むことなのだが、そちらはインサイトの復活も噂されている。
EVやプラグインハイブリッドの方はクラリティで展開するそうなので、ますますシビックの肩身が狭い。


ハイブリッドはヴィッツにも設定されてトヨタでも普通のグレード扱いになった今、ハッチバックなシビック・ハイブリッドをマイチェン時に国内工場で生産してプリウスの牙城に挑戦して欲しい気もする。
インサイトはシビック・ハイブリッドをベースに仕立て直したプラグインハイブリッドの名前として用いれば、初代の先進的なイメージが復活するかもしれない。
クラリティは大型で燃料電池車ありきの存在なので、当分はイメージリーダー的な扱いでいいんではなかろうか。



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iikagenna.blog92.fc2.com/tb.php/387-87c2d6ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ペルガー

管理人:ペルガー
メール
リンクフリー

FC2カウンター

カテゴリ

EV・FCV・PHV (38)
HCCI (7)
水素ロータリー (4)
車全般 (108)
トヨタ (37)
ホンダ (60)
マツダ (53)
スバル (30)
スズキ (48)
ダイハツ (12)
三菱 (8)
日産 (17)
ミリタリー (5)
その他 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ