FC2ブログ

2019-04

ハスラーはワイドよりもビッグを!

イグニスを改造したハスラーワイドで普通車市場の攻略を狙うのなら、エスクードベースのビッグハスラーも出ないだろうか。
そうすれば軽とオーバーラップする小型車市場だけでなく、もう少し大きい中型車市場までが射程に入り、ボリュームゾーンの過半で戦えることになる。


エスクードは今、ラダーフレームで本格クロカンな旧来のエスクード2.4と、モノコックで今風SUVな無印エスクードに分かれている。
それだとややこしいしエスクードのクロカンなイメージも薄まるので、やはりエスクードには、ジムニーともども硬派な路線をいって欲しい。
モノコックな方をハスラーにすれば統一感も出てきそう。


無印エスクードがもしビッグハスラーになれば、軽で大人気なそのデザインはヴェゼルなどに対する大きなアドバンテージとなり、軽のハスラーのようにコンパクトSUVとして大ヒットするかもしれない。
今の無印エスクードはハンガリーからの輸入で、ライトSUVの量販に不可欠な2WDも設定していないなど、大人気なコンパクトSUVジャンルにもかかわらずニッチ戦略しかとっていない。
これがビッグハスラーなら硬派なイメージはないので2WDも設定できるし、圧倒的なデザインとネームバリューを生かして本気で日本市場を戦える。


問題は、エスクードからの大幅なデザイン変更と日本に新たな生産ラインを設けるためのコスト。
更に、そうまでしても本格ハイブリッドのあるヴェゼルやC-HRとかを相手にするにはさすがに分が悪く、やはりエスクードの少数輸入でいいのかもしれない。




いや、スズキは最近ソリオやスイフトでまだ非力ながらもシンプルな機構の本格ハイブリッドを出してきたため、これの改良型のテストベッドとしてビッグハスラーを利用してはどうだろうか。
そうすればコンパクトSUVジャンルで互角の勝負を繰り広げられるような気がする。
将来の軽縮小で普通車市場の攻略が至上命題なスズキにとって、本格ハイブリッドなビッグハスラーはC-HRのヒットを見るようにあのプリウスすら攻略対象になる。


ハスラーのデザインはジープ・ハマー・ランクルFJクルーザー・ ジムニーなどがつちかってきた伝統の機能美とポップでレトロという人気なモチーフの融合なため、奇抜な上に使い勝手に難があったりする最新のスタイリッシュなデザインよりも、広く深くユーザーの感性に訴えかけるものがあるように感じられる。
おそらくラパンのように、スズキの定番デザインとして長くそのままの形で愛されるだろう。




ビッグハスラー・ハイブリッドにはエスクードの1.6リッターエンジンに、フィット並の30馬力とはいわないまでも、せめてひと昔前の性能な20馬力くらいのモーターをミッションの隣にポン付けして欲しい。
その程度のスペックなら今や手頃な価格だろうし、高価なバッテリーの増量も最小限で済みそうで、スズキの次のステップとして丁度良さそう。
今のスイフトの13.6馬力・トルク3.1kgではほとんどオルタネーターで寂し過ぎるし、エスクードベースで増える重量に対して力不足感が半端ない。


ミッションが6速ATだとかさばってモーターが置けないのであれば、スイフト・ソリオと同じく小型軽量安価で高効率なロボタイズド5速マニュアルを採用すれば制御やノウハウもかなり流用可能か。
モーターもバッテリーもミッションも機構もシンプルで最低限なハイブリッドシステムは、軽量で価格競争力もかなり高そうだ。
将来、主力のスイフトとかに性能をフィードバックする意味でも、より大型でまだ数量の少ないエスクードなら20馬力級の先行量産型として試験搭載するのにうってつけだし、スイフト・ソリオの既存のハイブリッドユーザーからも文句が来なさそう。




そんなビッグハスラー・ハイブリッドで普通車市場に侵攻すれば、非力なエンジンパワーを洗練された空力デザインや軽量化で補い無敵神話を打ち立てた零戦のように大活躍するかもしれない。
ヴェゼル・C-HR・プリウス・XV・エクストレイル・CX-3・フィット・ノートという並み居るライバルに対して、少なくとも即座に検討リストから撃墜されることなく、ドッグファイトに入れるのではなかろうか。
そうなれば低コストを武器に値引き合戦に持ち込んで、幾度かの旋回で有利なポジションを占めては敵機を撃墜できるだろう。
軽のハスラーからの乗り換えという援護射撃も期待できる。
これがくハスラーワイドだと軽と守備範囲が重複するのでハスラーと同士討ちを起こし、相乗効果は期待しがたい。


そのかたわらで30馬力級モーターなどへの換装を随時実施すれば早々に性能が陳腐化せず、長く普通車市場に留まって一定の制空権をスズキにもたらしてくれそうである。
くれぐれも、初戦の成功と開発人員の不足を理由にモーター換装を怠ってはいけない。
1500馬力級の金星エンジンへの換装を後回しにした零戦は、ライバルの急速な巻き返しについていけずジリ貧の中で遂に換装かなわず力尽きたのである。


川西製でも間に合う雷電の……じゃない、本来イグニスで間に合うはずのハスラーワイドの開発を場合によっては打ち切ってでもビッグハスラーの開発にまい進しなければ、零戦64型や烈風のような決戦機を戦力化できないまま時代遅れとなりつつある軽自動車 軽戦闘機で戦わざるを得ず、来たるべき戦局悪化で一気にスズキの本丸が焦土と化して敗戦を迎えることになりかねない。
のかもしれない。



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iikagenna.blog92.fc2.com/tb.php/394-40fa7498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ペルガー

管理人:ペルガー
メール
リンクフリー

FC2カウンター

カテゴリ

EV・FCV・PHV (38)
HCCI (7)
水素ロータリー (4)
車全般 (108)
トヨタ (41)
ホンダ (62)
マツダ (54)
スバル (31)
スズキ (49)
ダイハツ (12)
三菱 (10)
日産 (19)
ミリタリー (5)
その他 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ