FC2ブログ

2019-01

ステップワゴン・ハイブリッドはオデッセイだった

ともすれば遠目からは軽自動車に見えかねない迫力の無いデザインが不評だったのか、ステップワゴンが不振らしい。
かつて初代オデッセイとともに日本のミニバン市場を創出したモデルだけに、そのテコ入れが急務になっている。
そこで満を持してハイブリッドが発売された。


システム的にはアコードというかオデッセイと同じ2モーター式で、中低速ではモーター走行、高速ではエンジン直結での走行となり、高効率な分業が可能な高度なハイブリッドになっている。
先鞭をつけたのは三菱のアウトランダーPHEVであり、日産がノート・ハイブリッドで「新たなEV」と称しているシステムはアウトランダーやオデッセイからエンジン直結機構を省略したものといえ、実はあまり新しくない。
いや、高速燃費を犠牲にしてでもシステムを簡略化することで低コスト化を図り、小型車に搭載したことは新たなチャレンジには違いないのだが、EVではなく第二次大戦時からあるただのシリーズハイブリッドなのはご愛敬。


それはともかく、ステップワゴンのシステムはオデッセイを踏襲している。
というかパワーもバッテリー個数も同じなのでたぶん共通…。
その方が量産化でコスト低減には有効そうなのだが、ヒエラルキー的には微妙になってくる。


ただ、8人乗りのミニバンで重量もオデッセイとあまり変わらないとなると、パワーをあまり落とすわけにもいかない。
かつてフラグシップミニバンのエリシオンが280馬力のエンジンを搭載していたことからすると少々寂しいものの、確かトヨタもアルファードとエスティマで共通のパワートレーンを使っていたりすることもあったような気がするし、今やパワー競争の時代でもないのであまり気にする必要はないのだろう。


燃費は25.0kmで、ノア・ヴォクシーの23.8kmを超えた。
モーター性能が馬力で倍以上、トルクで1.5倍なのは伊達ではない。
ただし価格もライバルより30万円くらい高い感じなので、よりパワフルで低燃費という高性能さをどれだけ訴求できるかになるだろうか。
ノーマルなステップワゴンと比べても40万円前後は高く、ホンダの2モーター式を成立させるためのスペックが通常のハイブリッドより高いことの影響がうかがえる。


モーターをエンジンの補機ではなく、主機として運用するためにモーター・オルタネーター・バッテリーなど全てに高性能さを求めるがゆえなのだが、高コストな割に燃費であまり差が付いていないともいえる。
パワーを評価してくれる時代でもないのが更につらい。


もっとも、モード燃費が新たなWLTC法に来年切り替われば、より燃費の優位がハッキリするかもしれない。
高速でも市街地でもエンジンを常に高効率なゾーンで安定して運用しやすいステップワゴンの優位が際立つのか否か。
ノア・ヴォクシーの新たなモード燃費での数値公表が待たれるところ。


ちなみにステップワゴン・ハイブリッドの新モード燃費は、総合・市街地・郊外・高速がそれぞれ20.0/18.8/21.7/19.5と高いレベルでまとまっており、常に高効率を叩き出していることがうかがえる。
特に市街地と高速の差が1kmもないとはにわかには信じがたい。
もし実地で額面通りの性能が発揮されるのなら、ハイブリッドの実燃費の落ち込みは酷いという思い込みも訂正を余儀なくされることだろう。


これで価格があと10万円低ければ、そうすれば価格競争力が増して売れそうな気がする。
今の価格だとちょっと高過ぎて購入をスッと見送られないか不安だ。
同じシステムをシビックにも搭載し、プリウスを追撃することで更なるコストメリットが出ないものだろうか。




 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iikagenna.blog92.fc2.com/tb.php/396-c24e052b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ペルガー

管理人:ペルガー
メール
リンクフリー

FC2カウンター

カテゴリ

EV・FCV・PHV (38)
HCCI (7)
水素ロータリー (4)
車全般 (108)
トヨタ (37)
ホンダ (60)
マツダ (53)
スバル (30)
スズキ (48)
ダイハツ (12)
三菱 (8)
日産 (17)
ミリタリー (5)
その他 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ