FC2ブログ

2019-04

ハイラックスが人気な陰で…

トヨタが再販を始めたピックアップトラックのハイラックスが人気な中、スズキのエスクードが4月でひっそりと生産終了していたらしい。
エスクードといってもハンガリーから輸入するモノコックの方ではなく、併売されていた先代の2.4の方である。


ビルトインラダーフレームにセンターデフや副変速機を備えた、今時珍しい本格的なSUVだっただけに惜しい。
それでいて価格は2.4リッターで220万円ほどと手頃。
ハイラックスは大きな荷台があり牽引能力も大きいものの、大型過ぎて車検は1年毎だし価格も326万円からで高い。
値引きを考えるとその差はもっと大きくなりそうで、ハイラックスにはおいそれと手が出せない。


ともすればFFのみだったり、最低地上高すら一般の乗用車とさして変わらないSUVが増えている中、エスクード2.4はコンパクトSUVとしてはほぼ唯一の本格クロカンだっただけに残念。
軽のジムニーと大型なハイラックスやプラドとを繋ぐ貴重なクロカンがこれで消滅したことになる。


モノコックでFFなライトSUVの方が燃費も乗り心地も良くて人気なのは分かるのだが、これだけSUVというジャンルが盛り上がれば、他とは違う武骨な本格派を求める人が増えても良さそうな気がする。
現にハイラックスは、久々の販売再開のせいもあって出足好調のようである。
限定販売だったランクル70も、マニュアルでハイオクにもかかわらず大人気だった。




先代エスクードはその本格性能が見込まれて新型と併売していたのに何がいけなかったのだろうか。
販売店がモノコックな新型エスクードにばかり力を入れてあまり売る気が無かったのか。
ライトSUVではスタックするようなオフロードコースでの走行会など、絶対的なオフロード性能のアピールが足りなかったのか。


スタイリングがまずかったのかもしれない。
四半世紀ほど前に登場した初代エスクードはクロカンらしからぬスタイリッシュなデザインと今でいうコンパクトSUVなサイズが新鮮で人気だったのだが、その路線は今やモノコックなライトSUVのものである。
現状では、スマートなデザインだと本格クロカンの性能が見えてこない。
ジープ・ラングラーなどは見た目からしてオフロードの臭いが色濃くただよう。
ここはランクル70や先代ジムニーのように、もっと武骨で道具然としたデザインだったら違いが際立って根強い人気が続いていた可能性がある。
スタイリッシュ路線の方は今やモノコックなエスクードがあるのでそれで一般需要は手当てできる。


輸出しているジムニーの拡大版としてインドや中国などで本格クロカンの販売がまだ見込めるのなら、次期型はジムニーやランクル70のような道具感あふれるデザインで登場して欲しい。
いやいっそグランドジムニーに改名すればジムニーとの相乗効果が期待でき、コンパクトSUVでほぼ唯一の本格クロカンとして人気になったりならなかったりするのではなかろうか。



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iikagenna.blog92.fc2.com/tb.php/401-56daeb7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ペルガー

管理人:ペルガー
メール
リンクフリー

FC2カウンター

カテゴリ

EV・FCV・PHV (38)
HCCI (7)
水素ロータリー (4)
車全般 (108)
トヨタ (41)
ホンダ (62)
マツダ (54)
スバル (31)
スズキ (49)
ダイハツ (12)
三菱 (10)
日産 (19)
ミリタリー (5)
その他 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ