FC2ブログ

2019-01

トヨタがロータリーエンジンを採用!

トヨタがマツダのロータリーエンジンを次世代環境車に採用すると発表した。


そうかあ、ロータリーエンジンは水素を燃焼できるからなあ。
これで白金を使い少量生産で高価な燃料電池スタックを代替すれば、安価な水素自動車ができあがる。
熱損失が大きくて燃費の悪いロータリーの弱点は、数年前に発表済みの新型だと燃焼室の幅が狭くなりS/V比が良くなると共にロングストローク型で改善されるし、走行用モーターを持つミライのプラットフォームに搭載するなら発電専用もしくは高速巡行に限定された高効率な稼働が期待できる。


水素が切れたらガソリンに燃料を切り替えて走れるので、水素ステーション不足や水素切れに戦々恐々することなく普段使いやロングドライブが可能だ。
ミライは高価なカーボン製高圧タンクを2つも積んで700kmの航続距離を担保しているが、これを1つにして代わりにガソリンタンクを設置すれば低コストにもなる。


燃料電池スタックの精密な化学反応とは違い、ロータリーでの燃焼なら不純物が少々混ざった粗雑な水素ガスでも大丈夫そうなので、水素の精製コストも引き下げられるかもしれない。
運搬貯蔵しやすいバイオエタノールを直接補給し、それを安価な車載改質器で水素ガスにして燃料に使えれば高圧タンクすら不要になってしまう。
まさに夢の水素自動車が誕生するのだ!?

(バイオエタノールを直接燃焼すれば…などと無粋なことを言ってはいけない)




弱点としては、いくら改善されたとしても熱損失の大きなエンジンを稼働させてそこから更に発電するため、化学反応から直接発電する燃料電池車には燃費でかなわないこと。
しかしそれでも高度なハイブリッドシステムでかなり低燃費なことには違いなく、圧倒的な低コストと引き換えと考えれば十分に許容範囲内のデメリットではなかろうか。


それにトヨタとしたら、このことは長所でもある。
安価な水素ロータリーに万一効率で抜かれでもしたら超高価な燃料電池車の立つ瀬がないため、2代目インサイトのように何としても潰す必要が出てしまう。


ところが水素ロータリーは効率で一段劣るとなれば、燃料電池車への呼び水として都合がいい。
F-22に対するF-35というか、ガンダムとジムというか、ハイローミックス戦略が取れるのである。
参入障壁が低く中国などゲームチェンジの可能性を秘めるEVに絶対に負けるわけにはいかないトヨタとしては、安価に大量生産が可能でガソリンでも走れる水素ロータリーは、水素自動車市場を切り開くためのT型フォードなのだ。
これでEVに勝つる!




え、ロータリーを積むのはEV?
EVの航続距離不足を補うためのただの小型ガソリン発電機として使う!?


ふ、ふーん、そうなんだ。
も、もちろん知ってたよ?
トランク下に収容可能な発電パックを前にマツダは発表してたからね!


い、いいんじゃないかなあ。
航続距離が短いEVを補完する存在として、小型の発電エンジンは心強い。
劣化しやすく重く高価なバッテリーを大量に積んで航続距離の低下やたまの遠出に備えるより賢明な選択かもしれない。
タクシーなんかだとバッテリー切れで商機を逸することなく柔軟な運用ができる。
ロータリーなら振動が少なくて後席のすぐ後ろで稼働しても快適性を邪魔しないし、複雑な動弁系がない上に1気筒なので部品点数も少なく安価になる。
直噴や可変バルタイとか複雑なシステムを使えない低コストな補機としてなら、レシプロとの熱効率の差もそんなには開かなさそうだ。
トヨタ製EVの独自の強みとして、ロータリーレンジエクステンダーはその威力を発揮するのではなかろうか。




しかし、やはり水素ロータリーの方を採用して欲しかった。
世界の潮流がEVに傾く中、水素ロータリーもまたゲームチェンジの可能性を秘めている。
その先にある燃料電池車で、日本車が世界を席巻できる可能性があるのである。


川重は水素運搬船や稲ワラからバイオエタノールを生産する技術を持っているし、千代田化工も水素を液化して運搬する技術を開発している。
水素の生産・運搬・貯蔵などで日本企業はその強みを発揮し、社会インフラとしての水素社会で大いに活躍が期待できる。
EVに対する水素自動車の覇権は、そんな水素社会の実現を10年単位で縮めることだろう。


今回のトヨタの発表は、おそらくそのためのひそかな布石の現れなのだと思う。
このタイミングで水素ロータリーのことまで発表してしまうとミライの販売立ち上げに悪影響が出るため、大人の事情で販売直前まで伏せておくだけに違いない。
2020年の東京オリンピックに合わせて、ミライへといたるための「カケハシ」として水素ロータリー搭載車が大々的に発表されることになるだろう。




いやあ、良かった良かった。
ニュースの詳細を読んでぬか喜びかと落胆したけど、そういうことなら今回の発表がこうなったのも仕方ないよね。
なんだそんな段取りなのかあ。
これで日本も安泰ですよー。

(超希望的観測…)



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iikagenna.blog92.fc2.com/tb.php/410-cd86ea6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ペルガー

管理人:ペルガー
メール
リンクフリー

FC2カウンター

カテゴリ

EV・FCV・PHV (38)
HCCI (7)
水素ロータリー (4)
車全般 (108)
トヨタ (37)
ホンダ (60)
マツダ (53)
スバル (30)
スズキ (48)
ダイハツ (12)
三菱 (8)
日産 (17)
ミリタリー (5)
その他 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ