FC2ブログ

2019-04

C-HRが早々にターボのFFを投入した理由?

発売からまだ1年ちょっとのC-HRが、一部改良で1.2リッターターボにFFを追加。
229万円からでお求めやすくなっている。
奇抜なデザインで微妙なプリウスの代替ハイブリッドとして大ヒット中だが、これで更に売れそうな気がする。
新発売のエクリプスクロスがFFでも250万円以上することを考えると、対策としては十分だろう。


トヨタはコンパクトSUVを持たないという弱点を実は抱えている。
C-HRがそうではないかという見方もあるものの、プリウス派生で価格帯が200万円台後半と高いのが懸念事項。
定番のホンダ・ヴェゼルなんかはフィット派生で価格帯は200万円台前半と50万円近い差がある。
ベース車両が小型車なのか中型車なのかは、全長が同じ4.4mほどでもベースとなるコンポーネンツのランクが違うので性能はもとより当然コストにも跳ね返るということだろうか。
C-HRが229万円というのは、200万円台前半のそうしたコンパクトSUV対策にもなっている。


ただ、本来ならダイハツがテリオスやビーゴの後継クロカンなりライトSUVなりを投入してカバーすべき分野であるともいえる。
それが遅れている現状ではC-HRがその任をになうのも致し方ないとはいえ、そのことが1.2リッターターボという小排気量や価格体系にも影響を与えているとしたら微妙かもしれない。
プリウスのSUV版ならエクリプスクロスのように1.5リッター級のターボエンジンを搭載して余裕の動力性能を実現し、FFでも250万円のプライスタグにできたような気もする。
その方がターボという高価格部品を採用する価値や利幅が改善するし、「燃費のハイブリッド・パワーのターボ」という差別化にもつながる。


そうできなかったのがダイハツ製コンパクトSUVの不在だったとしたら、戦略ミスのように思えなくもない。
スズキのイグニス・クロスビー・SX4・エスクードというコンパクトSUV攻勢に比べて、「ダイハツ、弾幕薄いよ。何やってんの!」と思わずこぼしたくなる。


それと、C-HRの最低地上高は高くて15.5cmと普通車並みであり、本質的にはSUV対策に全くなっていないという問題の方が実は気にならなくも…(ry




C-HRはハイブリッドがFFで、ダウンサイジングターボが4WDと棲み分けていたのだが、ここにきて早くもそれを破ってきた。
ハイブリッドももはや1グレードに過ぎなくなってきたので、そこにこだわるよりライバルへの対策の方が優先されるということだろうか。


ただ、ギヤ付きCVTの搭載は見送られている。
中国版C-HRには搭載がアナウンスされているものの、初搭載はブランニューのレクサスUXで華々しくデビューを飾るのだろう。
国内のC-HRには、一部改良ではなくマイナーチェンジ時のテコ入れで投入されそう。




それにしても、ターボにFFが投入されたのならハイブリッドにも4WDが投入されないだろうか。
それもプリウス4WDのような発進サポート中心な簡易型ではなく、強力なリヤモーターを搭載したハリアー型の奴を。
そうすれば総合パワーも向上し、強烈な前後トルクベクタリングが可能になってニュルで走り込んだというスポーティーなイメージも更にアップする。


ハリアーハイブリッドはリヤに68馬力・トルク14.2kgのモーターを搭載している。
これはC-HRのフロントモーターより10%ちょっとパワーダウンするだけの強力な奴である。
まあトヨタにはマイルドハイブリッドが無いので、これより小さいとなるとプリウス4WDの7.2馬力・トルク5.6kgというオルタネーター並の奴になってしまう。
ハリアーもC-HRもバッテリー容量は主要諸元表によると6.5Ahと同じなので、あまり大きな苦労なくハリアーのリヤモーターを運用できるのではなかろうか。


ターボが1.2リッターで割と非力なだけに、この本格ハイブリッド4WDがあればクーペルックやニュルにふさわしいパフォーマンスを発揮できそう。
それが300万円くらいならまあまあか。
エクリプスクロスがアウトランダーPHEVのバッテリーを最低限まで減らしたハイブリッド4WDシステムを搭載したとしても、高性能ゆえに350万円くらいになりそうなのでいい勝負になるかもしれない。
ハイブリッドといえば今も燃費中心なため、高性能なラリーカーの競演というのも面白そうな気がする。



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iikagenna.blog92.fc2.com/tb.php/426-06b1d22a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ペルガー

管理人:ペルガー
メール
リンクフリー

FC2カウンター

カテゴリ

EV・FCV・PHV (38)
HCCI (7)
水素ロータリー (4)
車全般 (108)
トヨタ (41)
ホンダ (62)
マツダ (54)
スバル (31)
スズキ (49)
ダイハツ (12)
三菱 (10)
日産 (19)
ミリタリー (5)
その他 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ