FC2ブログ

2019-01

新型フォレスターに見るハイブリッド戦略

来年にもXVにプラグインハイブリッド(PHEV)が投入される中、新型フォレスターで一足早くハイブリッドが販売される。
PHEVのバッテリーを減らしたバージョンなのかと思いきや、実はそうではなかった。


モーター出力は13.6馬力・トルク6.6kgでかなり低パワー。
これはオルタネーターに近いもので、従来通りのマイルドハイブリッドみたいだ。
前と大きく違うのはバッテリーがリチウムイオンになっていることだろうか。
スバルといえば水平対向エンジンなので、あくまでエンジン主体でハイブリッドはそのサポートに徹するということかもしれない。


ではなぜPHEVを発売するかといえば、アメリカでは環境規制によって一定規模は次世代環境車を売らなければいけないそうなので、その対応だろうか。
ただ、PHEVを販売するならそのバッテリーを減らすだけで簡単に本格ハイブリッドを発売できるものの、モーター主体だとスバルの個性が死んでしまうのであまり本格ハイブリッドは売りたくないのだと思う。
それが新型フォレスターのマイルドハイブリッドに現れているような気がする。
なのでPHEVは発売するものの、本格ハイブリッドは市場動向を見ながら要検討ということなのかもしれない。


それでは特に日本市場では燃費向上が限られて不利になるかもしれないのだが、スバルの特徴はスポーツ性や四駆性能とか安全性にあるので、燃費が一番というユーザーは最初から見切っているはず。
燃費の追求はある程度のところで留めて、スバルらしさを評価してくれる顧客を重視してブランドを構築する戦略だろうか。




一応燃費もチェックすると、現行のJC08モードだとハイブリッドが18.6kmで、2.5リッター自然吸気の14.6kmと比べて27%アップ。
マイルドハイブリッドにしてはなかなかだなあと思うものの、新しいWLTCモードだと総合パターンで14.0kmと13.2kmで6%の差しかない。
市街地パターンでも11.2kmと9.6kmで17%ほどに留まる。
高速パターンだと16.0kmと16.4kmで逆転してしまう。


現行のモード燃費は実燃費との乖離が大きく、ハイブリッド車ではそれが特にひどいと評判なので、新しい基準はその点がかなり改善されているように見える。
ハイブリッド燃費がここまで落ちるなら実燃費とも大きな乖離は無さそう。


2011年登場のJC08はやはりちょっとおかしかったように思える。
10年ともたずに消えゆくJC08とは何だったんだろうか。
歪んだハイブリッド神話と燃費偽装だけを残して消えていくような気がする。


いや、変な基準が短時間で消えていくことを喜ぶべきなのか。
そう考えると三菱自工の残した功績は大きいのかもしれない…。



 
スポンサーサイト

コメント

86

スバルはトルクが細くて冷却損失がでかい水平対向エンジンを、いつ迄使い続けるんだろう?と思いますが。


ハイブリッドにしたって、大元のエンジンで効率に良い部分を使うだけだから、エンジンの素性が悪いと駄目なんですけどね。


ボンネットも宣伝通りに特に低く出来てはいないし。

マツダやポルシェみたいに特殊な車種に使うだけならまだしも、一般的な車種も全て水平対向ってのに無理が有るんだと思いますね。

トルクが無いからターボで補う。
だけど同じ排気量の通常のエンジンにターボを付ければ、出力も燃費も遥かに上を行かれる事は明白な訳で。

86に乗せてもらった事があります。
極細なトルクにうんざりしました。

コンビニの駐車場に入るようなちょっとした登り坂でも、えらい回転数を上げないとまともにパワーが出ず。

回しても大したパワーは無く。

足回りもただ硬いだけで、(ドイツ車みたいに)速度が上がってもよくなって来る事もなく。

昔ながらの旧き悪しき、使いにくいスポーツカーといった感じでした。
「車好きなんてのは、ひたすら固めた足で無駄にエンジンぶん回してりゃ満足なんでしょ」って感じで。
小馬鹿にしたものを感じ取りました。
豊田社長が言う楽しさは全く感じ取れなかったですね。


それと正反対に出来が良いと感じたのが、スイフトスポーツです。

軟らかい足回りなのに接地性抜群で、回さずとも太いトルクで快適でした。
正に今時のスポーツカー。

雪道で4WDが必要なら、大きさはバラバラですがFRベースのエスクードか、RVR辺りの方が個人的には選びたくなります。

ネットでよく、スポーツカーに限らずスバル車全般が硬すぎて快適性に欠けると出てたけど、そうだろうと感じました。

Re: 86

昔の水平対向は高回転型のショートストロークでしたが、今はロングストロークに振って圧縮比も高めているので、低速トルクや熱効率はほぼ他社並まで改善されていると思いますよ。
現に2.5リッターの4WD同士だとCX-5の燃費を上回っていますし。

水平対向はV型並に全長が短くV型より低振動だし、中規模メーカーが個性を演出するにはまあ別にいいんじゃないでしょうか。
ターボとかの排気系をエンジン下にレイアウトする関係とかでそこまで低重心にはならないようですが、重いエンジンブロックは水平配置なので縦長な直列よりロールでは有利なのかも。

86は昔のリバイバルなので最新のスイスポとは方向性が全く違うんでしょうねえ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iikagenna.blog92.fc2.com/tb.php/428-fd145ac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ペルガー

管理人:ペルガー
メール
リンクフリー

FC2カウンター

カテゴリ

EV・FCV・PHV (38)
HCCI (7)
水素ロータリー (4)
車全般 (108)
トヨタ (37)
ホンダ (60)
マツダ (53)
スバル (30)
スズキ (48)
ダイハツ (12)
三菱 (8)
日産 (17)
ミリタリー (5)
その他 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ