FC2ブログ

2019-04

カローラの復権?

新型のカローラハッチバックが登場する。
シャシーやパワートレーンはC-HRと共通だそうで、価格はどうやらSUVなC-HRより20万円くらい安くなるらしい。
そう聞くと俄然カローラが魅力的に思えてくる。


C-HRは現行プリウスのデザインが奇抜過ぎるのと、昨今のSUV人気に乗って大ヒットした。
ただ、最低地上高は15.5cmと普通車並みで悪路走破性に期待はできず、デザイン優先で後方視界や積載性はあまり良くなく、後席はヒドゥンドアの採用で閉所感が強いし、全高も155cmでフォレスターより15cm以上低く、ハイブリッドだとプリウスにもある4WDが無いなど、SUV本来の高い走破性と実用性には少し難がある。


そこで新型のカローラハッチバックを見ると、機能的にはC-HRとあまり変わらない。
なのにデザインはよりスポーティーでありながら後方や後席の視界も確保されているなど、常識的で好ましい感じに仕上がっている。
それでいて20万円も安いなら、カローラがすごく魅力的に見える。
それにC-HRより新しいだけあって剛性は更に高められ、ターボは6速MTも選べるなど、走行性能にも磨きがかかっている。




C-HRがもしプリウスとの比較で売れたのなら、今度はカローラとの比較で劣勢に立つのかもしれない。
そして浮き彫りになるのはC-HRの存在意義。


プリウスの補完はやはりカローラハッチバックというかオーリスに任せ、C-HRはSUVに専念すべきだったような気がする。
最低地上高と全高を高めて機能性を確保し、クーペのようなヒドゥンドアをやめ、ハイブリッドにもちゃんとした4WDを設定すれば、フォレスターやCX-5とも性能で戦えるSUVになりそう。


常識的な性能を備えたコンパクトSUVがある中での変化球なクーペスタイルならC-HRも理解できるものの、SUVとしての性能に難のあるC-HRだけをトヨタのSUVとして売りさばくのは、大企業の見識として多少引っかからなくもない。
ランクルという究極のサバイバビリティを備えたSUVとは対極の存在で、見た目のユーザーの信頼を裏切って雪道やキャンプで困ったことにならねばいいがとつい心配してしまう。




カローラハッチバックのライバルはアクセラやインプレッサだろうか。
プリウス譲りのハイブリッドで燃費性能では優位に立つものの、それだけだと特徴というかパンチに欠けるような気もする。
せっかく6速MTを搭載するなら、スイフトスポーツのようなホットハッチも設定してくれないものだろうか。
そうすればカローラハッチバックのスポーツ性を象徴的にアピールできて、ユーザー層の若返りにも役立つ。


ただトヨタには、1.2リッターターボに代わる適当な量産スポーツユニットが無さげ。
なんとか思い浮かぶのは、ヴィッツGRMNとかに搭載した212馬力の1.8リッタースーパーチャージャーくらいだろうか。
スーチャーだと最高出力は伸びずエンジン効率でもターボに劣るものの、馬力的にはライン生産で多少デチューンされてもアクセラディーゼルやインプレッサを凌駕する。
そのエンジンでスイスポのように気軽に買えるカタログモデルなホットハッチを300万円以下で出してくれれば、カローラのイメージも随分若返るのではなかろうか。
「オーバードライブ」というヴィッツのラリーカーを使った映画も上映されているので、そのイメージとダブらせても面白い。


いや、映画なら「激突 ルウム会戦」とのコラボもある。
オーリスで前にやってたように、シャア専用カローラとか。
パワーと価格は3倍ならぬ3割増しで、ノーマルな量産グレードにはオリーブグリーンなカラーも設定すれば完璧。
オーリスではあまりピンとこないものの、カローラこそはトヨタの屋台骨を長年支え続けたザクだろう。




 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iikagenna.blog92.fc2.com/tb.php/431-524aaea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ペルガー

管理人:ペルガー
メール
リンクフリー

FC2カウンター

カテゴリ

EV・FCV・PHV (38)
HCCI (7)
水素ロータリー (4)
車全般 (108)
トヨタ (41)
ホンダ (62)
マツダ (54)
スバル (31)
スズキ (49)
ダイハツ (12)
三菱 (10)
日産 (19)
ミリタリー (5)
その他 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ