FC2ブログ

2019-04

ホンダCR-Vの意外な価格戦略

約2年振りにホンダのCR-Vが復活する。
ホンダは日本では軽にも中大型車にも売れ筋ジャンルのSUVを持っておらず、コンパクトSUVであるヴェゼルだけが孤軍奮闘するという寒い有様だった。
そこにようやくかつてトヨタのRAV4と共に黎明期のRV人気を牽引したCR-Vが中型SUVとして再投入される。
全長は4.6mで、ライバルはフォレスター・CX-5・エクストレイルとかだろうか。
4.4mで少し小さいものの、トヨタのC-HRもベースはミドルサイズのプリウスなので競合相手になりそう。


パワートレインは1.5リッターターボに2リッターの2モーター式ハイブリッドで、シビックやステップワゴンなどでおなじみの物になっている。
デザインは米国や中国メインで売られている影響からか、ちょっとバタ臭いようにも思える。
スッキリしたデザインを好む?日本で受け入れられるかは未知数だろうか。
それ以上に受け入れられるか不安なのがターボで350万円前後、ハイブリッドだと400万円前後になるという価格…。
ライバルが上級グレードでも300万円程度なことを考えると50万円くらい高く、C-HRのハイブリッドと比較すると100万円違う。


ベースグレードでも自動ブレーキはおろかパワーシートにカーナビまで標準装備だったり、上級グレードだと本革シートや電動テールゲートに電動サンルーフまでセットになるという豪華装備なので、実質的な価格差はそこまでではないのかもしれない。
それでもやはり明らかにライバルより高価格帯で敷居がかなり高く、高価なオプションてんこ盛りは人によっては不要装備だったりして、あまりユーザーフレンドリーではない。


しかもこの価格帯だと、より高性能な2リッターターボや3モーター式4WDハイブリッドを搭載する格上のハリアーと同じになってしまう。
並み居るライバルを差し置き、復活早々でいきなり絶対王者なハリアーに挑もうとはなかなかに野心的な戦略。
というかライバルたちの価格とハリアーの絶大なブランド力に前後から挟撃されて、かつてのような苦戦を免れない気がしないでもない。




1.5リッターターボはジェイド・ステップワゴン・シビックなどで採用済みだが、ライバルは自然吸気とはいえ2.5リッターとかなのでさほどのアドバンテージとは言い難い。
2リッターの2モーター式ハイブリッドは高効率なシステムで、アコード・オデッセイ・ステップワゴンなどで採用済みだが、C-HRも2リッターの2モーターでハリアーだと2.5リッターの3モーター式4WDになる。


4WD性能では電子制御でアクティブに後輪のトルク配分を変化させるものの、マツダも緻密なアクティブ電子制御で燃費と走行性能の両立を図っており、スバルは常時4WDで昔から高い走破性を誇っている。
ポストミニバンで話題な3列シートSUVも設定されているが、実は既にエクストレイルにあるし全長4.6mだとどうしても非常用になりがちか。
もし3列目シートを重視するなら、全長4.9mで2.2リッターターボディーゼルなCX-8が同じ価格帯にある。


そんなわけでCR-Vにはそこまで突出した特徴や性能やブランド力を感じられない。
それでいて価格はオプション満載なせいか、ライバルより50万円ほど高い価格帯になっている。
これだとかつてのようにヒットさせるのはなかなか難しいかもしれない。




価格が高く見えるという問題は、なぜか最近のホンダ車について回る。
ジェイドしかり、シビックしかり、クラリティPHEVしかり。
どれも世界戦略車を日本市場にも投入したものなのだが、やっぱり従来価格やライバルより50万円ほど高い価格設定だったり、中にはアメリカより200万円近くも高い価格になっている車種まである。
一体どうしてこんなことになっているのだろうか。


量販メーカーのホンダが大胆に高級路線に切り替えるのは無理があるし、それならまずはアキュラを展開するだろう。
もしかすると、売れ筋ではないけど既存のホンダユーザーの中に根強い買い替え需要や潜在的な購買需要があるから、なんとかラインナップだけは残して要望に応えてあげたり、顧客流出を防ぎたいということなのかもしれない。
それなら昔からの付き合いということで、少々高くても 仕方なく 喜んで買ってくれそうだ。


とはいえ、さすがに50万円も高いとそれもどうだろうか。
それだと諦めて他の車を選ぶ人も多そうだし、低全高ミニバンやセダンなど不人気になりつつあるジャンルでは元々ユーザーが減る傾向にあって、高価格がそれを一気に加速させかねない。
少数販売でどうしてもコスト高になるのだとしても、あまり高いとかえって裏目に出るリスクが高まりそう。




ところがミドルサイズSUVは事情が違う。
日本でも人気ジャンルで、今や各社が争うようにモデルを投入してしのぎを削っている。
そこに参入するならホンダも今度こそ本気を出すのではないかと思ったのだが、フタを開けてみるとどうも期待とは少し様子が違うような。
もしホンダがこれまでのモデルと同じようにあまりヒットを狙っていない?のだとしたら少し残念。
ライバルはどれも世界戦略車なので条件は同じであり、ここはぜひ果敢に勝負してシェアを奪いに来て欲しかった。


それともCR-Vには、表面的なスペックや価格だけでは決して分からない凄い魅力が詰まっているのだろうか。
ライバルとの多少の価格差など問題とせず、先駆者にして王者なハリアーすら正面から撃破してのける自信があるのだろうか。


その角ばった旧式なフォルムから4号戦車の改良型かと思いきや実はタイガー重戦車の誤認で、先進的な傾斜装甲を備えて一時は侵攻したドイツ軍を恐慌状態に陥れたソ連のT-34を、ただただ圧倒的な火力とその装甲厚で叩き潰して戦場に新たな伝説を築くという展開も決して否定はできない。


いやたとえ4号戦車であっても、機能的な3人乗り砲塔や実用的な無線装備で実際の戦闘力はそのスペック以上に極めて高く、脱出に使えるハッチの数も多くて被弾時の生存率に寄与するなど、終戦までの全期間を通じて軍馬としてドイツ軍の屋台骨を支え続けたのである。


SUVがまだRVと呼ばれた時代からの歴戦のCR-Vだけに、ホンダの掛ける期待は大きい。
……はず。



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iikagenna.blog92.fc2.com/tb.php/443-ef71df9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ペルガー

管理人:ペルガー
メール
リンクフリー

FC2カウンター

カテゴリ

EV・FCV・PHV (38)
HCCI (7)
水素ロータリー (4)
車全般 (108)
トヨタ (41)
ホンダ (62)
マツダ (54)
スバル (31)
スズキ (49)
ダイハツ (12)
三菱 (10)
日産 (19)
ミリタリー (5)
その他 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ