FC2ブログ

2019-04

CR-Vが好調らしい

CR-Vの初期受注が月間販売計画(1200台/月)の4倍以上となる5000台を超えて好調のようだ。
北米の人気モデルは伊達ではないということか。


それにしても、したり顔でCR-Vの価格を懸念するブログを書いた直後にその報道を目にするとかなり恥ずかしい。
しかも上級グレードが受注の半分以上を占めているという。
そんなわけで今朝のブログはそっと削除…。


おまけに最近話題のSUVの3列シート仕様についても、全長4.9mなCX-8に比べて4.6mではエマージェンシーではないかと指摘したものの、フタを開けてみたら3割のユーザーが選んだそうでこちらも見事に予想を外してしまった。
思えばエクストレイルやアウトランダーの3列仕様も同サイズだし、帰省した時にみんなで近所へ食事に出かけるくらいなら多少狭くても構わない。
なんなら、いざという時に3列目があるという安心感だけでSUVには十分なのかもしれない。




てな具合に、素人の的外れな批判などどこ吹く風で順調な滑り出しを見せたホンダのCR-V。
とはいえ、好調な初期受注は2年振りの復活ということで待っていた既存ユーザーが一斉に飛びついた結果とも考えられる。(負け惜しみ)
月間販売計画もフォレスターの2500台の半分程度と控えめで、爆発的な出足とまでは言い難い気もする。(引き続き負け惜しみ)


なので課題はやはりこれからの継続的な受注か。
代替え需要の一巡だけで以後はサッパリだとまた日本撤退もありうるので、まだまだ油断は禁物かもしれない。


そのためにはユーザー層の拡大が必要なわけで、サンルーフまで標準装備された359万円からの上級グレード中心では市場規模が限られて息切れが心配。
標準グレードでも323万円からで、フォレスターやCX-5のメイングレードが280万円程度からなことを考えるとちょっとシェアを奪いにくい。
それに自社のヴェゼルのガソリン車が高くても250万円なことを考えると、少し価格が離れすぎていて車検時のランクアップも勧めずらいか。




そんなわけで、見事に高級路線で予想外の成功(失礼…)をおさめたCR-Vなのだが、今後の販売のことを考えるとヴェゼルやご新規さんの呼び水となる手頃なグレードも欲しいところだろうか。
標準グレードからナビとパワーシートとかを省略してタイヤを17インチにダウンすれば、30万円くらいは値下げできて300万円を切る気がする。
そうすれば商談に持ち込めるユーザー層もかなり増えて、CR-Vの様々な魅力を直接伝えられる。
初期受注が落ち着いた1年後のランニングチェンジ時にでもそんなグレードが設定されると、CR-Vは今後も安泰なのかもしれない。


うん、まあ、盛大に予想を外しといてたぶん今更大きなお世話…。



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iikagenna.blog92.fc2.com/tb.php/449-dc593947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ペルガー

管理人:ペルガー
メール
リンクフリー

FC2カウンター

カテゴリ

EV・FCV・PHV (38)
HCCI (7)
水素ロータリー (4)
車全般 (108)
トヨタ (41)
ホンダ (62)
マツダ (54)
スバル (31)
スズキ (49)
ダイハツ (12)
三菱 (10)
日産 (19)
ミリタリー (5)
その他 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ