FC2ブログ

2019-04

CX-8のガソリン仕様が迫る踏み絵

CX-5ターボのブログを書いたと同時に、3列仕様のCX-8に待望の2.5リッターガソリンエンジンが搭載された。
自然吸気とターボの両方が用意されていて、自然吸気の方は289万円からと以前のディーゼルの320万円からよりかなりお求めやすくなっている。
これでビアンテのみならず大量のプレマシー難民も救済されるだろうか。
自然吸気は2WDのみで2リッターミニバンを狙い撃っており、20cmの最低地上高は雪にも強く、あえて選ぶ動機になる。


ガソリンターボは逆に4WDだけで、フル乗車やSUVらしい走破性に対応している。
CX-5でクリーンディーゼルと同じだったミステリアスな価格は、どのグレードでもディーゼルより20万円ほど安く設定。
大小2つのタービンに、超高圧で高精度な燃料噴射システムや、高度な排ガス浄化装置など、今のディーゼルの製造コストを考えるとこれは納得だろうか。
自然吸気モデルとガソリンターボとの差は40万円ほどで、ターボと4WDのコストを考えるとこれも妥当な気がする。


気になるのは、ディーゼルが360万円からとスターティングプライスが40万円も大幅に上がっていること。
ベースグレードが4WDだけになったのと、下にガソリンモデルが用意されたことによって価格面で遠慮をする必要がなくなり、全体的に少し値上げした模様。




300万円を切るガソリンモデルが用意されたとはいえ、絶対的にはCX-8の価格は高い。
中心価格は300万円台後半でやっぱり高級車。
なので2リッターミニバンを代替するというよりは実用性の増した3列シートを武器に、ハリアーやアルヴェルなどの高級SUVとミニバンのユーザーをどこまで取り込めるかが課題だろうか。
ガソリンモデルが加わったので、これでそれらの高級車を意識する幅広いユーザー層を取り込めて更に販売を伸ばせそうだ。


そんな中で自然吸気が289万円で用意されたわけなのだが、これによってCX-5にエクストレイルやCR-Vみたいな非常用の3列シートが追加されるわずかな可能性がおそらく消滅。
CX-8の3列目は追突された時の衝突安全性すら意識した設計がなされており、全長の短いCX-5で同程度の安全性の確保は難しい。
その安全性を既存ミニバンとの大きな差別化に使えることを考えると、今後ともCX-8より小さな3列車はやはり期待できそうにない。
そしてまだ先の話ではあるものの、次のCX-8に300万円を明確に切るお買い得モデルは高級イメージを保つ都合上、設定されない気がする。


つまり今回の289万円は最後のチャンスなのだ。
マツダの既存ミニバンユーザーにとってここが関ケ原なのである。
マツダ側が周到に用意したこの小山評定で黒田長政なCX-8の説得に応じなかったら、旧体制派として最終的には大阪城で一掃されかねない。
いや、もはや外堀すら埋められているのか。
ここで思い切って乗り換えなければ、あとには壮絶な討ち死にが待つだけなのかもしれない…。


まあ、もしそうなっても普通に他社のミニバンに乗り換えればいいのでは?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iikagenna.blog92.fc2.com/tb.php/456-60b6beb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ペルガー

管理人:ペルガー
メール
リンクフリー

FC2カウンター

カテゴリ

EV・FCV・PHV (38)
HCCI (7)
水素ロータリー (4)
車全般 (108)
トヨタ (41)
ホンダ (62)
マツダ (54)
スバル (31)
スズキ (49)
ダイハツ (12)
三菱 (10)
日産 (19)
ミリタリー (5)
その他 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ