FC2ブログ

2019-04

レクサスUXの4WDへのこだわり

C-HRとプラットフォームを共有するレクサスの入門SUVである「UX」が発売された。
注目はC-HRのハイブリッドにはなかった4WDの設定だろうか。
価格は451万円から535万円で、C-HRのハイブリッド2WDより200万円くらい高い。
これは性能の方も期待できそうだ。


方式はいわゆる電気式4WDで、リヤモーターで後輪を駆動するためプロペラシャフトが存在しない。
そのモーターパワーは7馬力・5.6kgを誇り、発進から走行中のスリップまで幅広く対応するという。


ん、7馬力?
それだとあまり4WD性能に期待できそうにないのは気のせいだろうか。


まあこれはC-HRの更にベースであるプリウスの4WDシステムと同じで、基本的には発進サポートが主目的になっている。
一応、走行中のスリップにも対応するみたいなのだが、わずか7馬力では過度な期待は禁物そう。
常時4WDなフォレスターはもちろん、必要に応じて5:5とかまで後輪にトルクを伝達するCX-5やCR-Vとかとも同列に扱えない、極めて簡易な生活四駆といったところ。
レクサスの高級高性能なイメージをくつがえす、実に庶民的な4WDシステムになっている。
これなら慇懃無礼と言われたレクサスの敷居の高さも少しは…(ry




自分が期待していたのはハリアーの68馬力・14.2kgなリヤモーターの搭載だった。
これなら幅広いシーンで4WD性能を発揮することだろう。
もちろんハリアーの2.5リッターなハイブリッドシステムに比べると、UXはプリウスの1.8リッターより大きいとはいえ2リッターエンジンなので電力供給能力では劣る。
それでもハリアーも基本は2WD走行だろうし、ピンポイントで使うには十分対応できそう。
コストの方も上級SUVなハリアーが377万円から463万円で、より高級とはいえUXの500万円前後なら無理なく吸収できるのではなかろうか。


これがアクアとかの小型車ベースなら簡易システムでも分かるのだが、500万円前後と高級で、さしてコンパクトとも言えない中型SUVの4WDシステムがプリウスと同じ生活四駆なのはちょっと残念。
ベースとなったプリウスのシステムを流用するのは確かに手っ取り早くて一番低コストなものの、せっかくエンジンを2リッターにして馬力を1.5倍に引き上げたなら、リヤモーターの馬力も一緒に引き上げて欲しかった。
燃費スペシャルで最低地上高の低いプリウスには簡易なシステムが似合うものの、高級でましてやSUVな車にはどうだろうか。
高性能な4WDシステムなら、ライバルがひしめくC-HRの性能向上にも使えることを考えるとなおさらか。




プリウスで4WDは20万円高なのがUXでは26万円高になっているのに性能の向上が見られなかったのは残念。
プリウスより10万円高くてもいいからそこは頑張って欲しかった。
それにプリウスのリヤモーターは磁石レスな誘導モーターで引きずり抵抗がない代わりに回生発電もしてくれそうにないけど、ハリアーのリヤモーターは強力なパワーで回生発電も頑張ってくれて燃費の向上が期待できる。


まあ、その辺の複雑なシステムのUXへの最適化がめんどうだったのかもしれない。
でもそういった基本性能にこだわってこその高級車ではなかろうか。
そこをお手軽に済ませてしまうとブランドまでお手軽に思えてしまう。
ましてや国内専用ではなくレクサスとして海外にも積極展開するならライバルはドイツ御三家になるわけで、高度なハイブリッドシステムが武器のレクサスとしてはむしろこだわるべきだったような…。



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iikagenna.blog92.fc2.com/tb.php/467-b6f8dbd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ペルガー

管理人:ペルガー
メール
リンクフリー

FC2カウンター

カテゴリ

EV・FCV・PHV (38)
HCCI (7)
水素ロータリー (4)
車全般 (108)
トヨタ (41)
ホンダ (62)
マツダ (54)
スバル (31)
スズキ (49)
ダイハツ (12)
三菱 (10)
日産 (19)
ミリタリー (5)
その他 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ